親和エステート(お住まい) > お知らせ > 物件は春の動き。

京都 【新着情報】物件は春の動き。「親和エステート」


この度は豪雪による雪害にあわれた方へ、心よりお見舞い申し上げます。
年々、豪雨や竜巻など、ほんの十数年前までは予想だにしなかった災害のニュースが席巻する中で、次は雪か……と途方もない気持ちになります。

さてさて京都市は本日曇り。寒いです。
まだまだ寒いなぁ、冬だなぁ、と思いつつも、賃貸物件の動きはやはり春の動き。
入試、発表と、学生さんにとっては人生の節目ともいえるシーズンですよね。社会人は異動シーズン。そんな節目で動くのが賃貸不動産というもので。
出会いと別れの時期、これすなわち入居と退去。
おかげさまで中京区新築マンションのhabitation西洞院(アビタシオンにしのとういん)も順調に入居者が決まり、残すところあと1階のお部屋だけとなりました。
「マンションに住むなら1階がいい、何せ忘れ物をすぐ取りに行けるんだから」などと私の知り合いは得意げに言ってましたが、その人が次に選んだのはマンションの最上階でした。
なんでも、街を見下ろせるのがイイのだとか。
こんな京都の高さ規制が厳しい場所で、最上階なんて所詮6~7階程度の所で何を言っているんだとは思っても、あえて言いませんでしたが。

さて、そんな春先の物件探し。
ご自分でお気に入りの一室と巡り合えるよう、どこの不動産会社の営業マンもやる気満々で準備していますので、お気軽にご入店下さいね。
その時は「ここは譲れない」という条件を1つ、用意しておくのをお勧めします。「駅チカ」「南向き」「3点セパ」「駐車場有」「2口ガスコンロ」「収納重視」色々なキーワードがあり、物件にはそれぞれ魅力があるので、あれもいいこれもいいになると時間ばかりがかかり、疲れてしまいます。譲れない「芯」みたいなものがあると決めやすいです。
それでは、素敵なお部屋・おうちとの出会いがありますように!